前面だけ撮影して背面に画像を挿入する方法

Entaniya Fisheye HAL 250で撮影した写真をVRパノラマ写真に変換し、死角となる背面に画像を挿入する方法の解説です。

背面にイメージを挿入したサンプル

Entaniya Fisheye HAL 250は1枚の写真で250°の視野があるので1枚でも十分に臨場感のある250°VRパノラマ写真が撮影できます。

この際、死角となる背面には穴が空いてしまいますが、無料VR写真変換サイトのEnapnao VRでは簡単に、死角となる背面に任意の画像やロゴを挿入することができます。

背面にイメージを挿入する方法

Entapano VR 画像アップロード画面

VR写真に変換するために画像をアップロードする設定画面の中に、背面画像を設定する項目があります。
「映像のない領域に画像を貼り付ける」という項目で画像を選択すると、死角になる部分に選択した画像が挿入できます。

背面画像の活用方法

会社ロゴや連絡先などを表示する

会社のロゴや連絡先などを表示することにより広告効果が得られます。

VR写真に関連のある写真で説明

VR写真の撮影日時や場所の情報や解説文を入れたり、飲食店等の場合は、店内のVR写真の背面画像としてメニューなどを載せると良いでしょう。