改造GoProのイメージサークルの位置を調整する方法

イメージサークルの位置


GoPro改造キットのBack-Bone Ribcageを使用した即撮セットをずっと使用していて、ステッチが上手く出来ないなどの問題が出た場合は、イメージサークルの位置が正しい位置にあるかを確認してください。

基本的にイメージサークルの位置は画面の中央に入らなければいけませんが、何かの弾みでレンズ固定の部品がズレるなどすると、イメージサークルが中央からズレてしまうことがあります。

少しのズレの場合は問題にならないことがほとんどですが、大きくずれるとステッチ出来ないなどの問題につながります。

イメージサークルが正しい位置に無いと起きる問題

ステッチが上手くできない

イメージサークルの位置がズレているとAutopnao Videoなどのパノラマソフトでイメージサークルを正しく認識出来なくなり、ステッチがうまくいかず良い結果が得られなくなります。

ステッチが出来ない

Entaniya Fisheye 280 のBack to Backで4Kモードで撮影した場合、サークルイメージの位置がズレていると見切れている部分が出来てしまい、360°パノラマ動画が出来なくなります。

正しいイメージサークルの位置の確認方法

HDMIで接続して写真モードで確認

イメージサークルの位置を確認するにはGoProとモニターをHDMIで接続します。

写真モードだと4:3のアスペクト比で表示されるので、写真モードに切り替えます。

正しいイメージサークルの位置

Entaniya Fisheye M12 220

Entaniya Fisheye M12 250

Entaniya Fisheye M12 280

正しいイメージサークルの位置の調整方法


中央からズレてしまったイメージサークルの例。
上方向にイメージサークルがズレてしまっています。


イメージサークルの位置のズレの問題は、Back-Bone Ribcageのレンズホルダーのズレが原因で起こります。

台座の部品を外す


ネジを外して台座の部品を外します。

ホルダー横のネジを緩める


ホルダー横の小さなネジを緩めます。

ホルダー横のネジを緩める


4本のネジを緩めると、レンズの台座がカタカタと小さく動くようになります。

レンズの台座を抑えながらネジを締める

イメージサークルを下に下げたい場合は、台座を上方向に押し上げてから固定します。イメージサークルを上に上げたい場合は、台座を下に押し下げてから固定します。
つまり、移動させたい方向の逆に動かして固定します。

レンズを嵌めてイメージサークル位置の確認

レンズを嵌めてイメージサークル位置を確認します。
イメージサークルを中央に移動させることができました。