超広角魚眼レンズとハイスピードカメラ Image

超広角魚眼レンズとハイスピードカメラ

ハイスピードカメラにEntaniya Fisheye HALシリーズの取付けテストを行いました。

ハイスピードカメラとセンサーサイズ

ハイスピード撮影(高速度撮影)で撮影した映像はスローモーション映像として使用できます。

ハイスピードで撮影するためにはフレームレートを高くする必要があり、センサーのスキャンスピードをより高速にする必要があります。そのため、一般的にはセンサーサイズの小さなカメラや解像度の低いカメラの方がよりハイスピード撮影ができるようになっています。

大きなセンサーを搭載したカメラでもハイスピード撮影できるカメラはありますが、その多くは撮影時にセンサーの一部のみを使用(クロッピング)してスキャンスピードを速くするようにしているため、通常の映像に比べて画角が狭くなってしまいます。

なのでハイスピード撮影の映像では広角な映像は撮影は難しいと考えられていました。

しかしセンサーや技術の進歩により、フルサイズやスーパー35などの大きなセンサーでもクロップ無しでハイスピード撮影できるカメラも登場してきました。

そこで、Entaniya製の超広角魚眼レンズのEntaniya Fisheye HALシリーズを使用して、今まで撮影が難しいとされていた超広角なハイスピード映像の撮影が出来ないかテストをすることとなりました。

ハイスピードカメラ Phantom

今回撮影テストには、ハイスピードカメラの代名詞的な存在であるPhantom社のカメラを使用しました。

FHDで6,600fpsで撮影できる「V2640」(センサーサイズ: 27.6 mm x 26.3 mm)と、スーパー35センサーで4K/938 fps撮影が可能な「VEO 4KS」です。

Phantomのハイスピードカメラの日本総代理店である株式会社ノビテック様に撮影協力をしていただきました。

Phantom V2640

Phantom V2640は6,600fpsという世界最高速での撮影が可能なハイエンドハイスピードカメラで、フルサイズフォーマットに近いセンサーサイズ(センサーサイズ: 27.6 mm x 26.3 mm)を搭載しています。暗所などの撮影でもノイズの少ない映像が得られるカメラです。また、センサーサイズが正方形に近いので魚眼レンズとの相性も非常に良いカメラになっています。

取付可能なレンズは

Entaniya Fisheye HAL 250 EF 6.0
Entaniya Fisheye HAL 220 PL

の二本となります。

Entaniya Fisheye HAL 250 EF 4.3 と HAL 200 6.0 につきましては、後群レンズがカメラ内部と干渉してしまい取付けができませんのでご注意ください。

Entaniya Fisheye HAL 250 EF 6.0を使用した場合には綺麗に250度の円周がセンサーに収まります。
Entaniya Fisheye HAL 220 PLを使用した場合でも焦点距離を6.4mm以下に調整すれば220度の円周映像が得られます。

Phantom VEO 4KS

Phantom VEO 4KS

Phantom VEO 4KSは4K/938 fps撮影できるハイスピードカメラPhantom VEO 4KSに250度の視野角の超広角魚眼レンズEntaniya Fisheye HAL 250 EF 6.0を取付けています。

Phantom VEO 4KSはマウントが可変でPL / EF / F / B4(option)にも対応しているので、PLマウントの220度魚眼レンズのEntaniya Fisheye HAL 220 PLを取り付けることもできます。

センサーサイズはスーパー35フォーマット(27.6 x 15.5 mm)で、Entaniya Fisheye HALシリーズを取付けた場合のイメージサークルの入り方は下記のようになります。

取付可能なレンズは

Entaniya Fisheye HAL 250 EF 6.0
Entaniya Fisheye HAL 220 PL

の二本となります。

Entaniya Fisheye HAL 250 EF 4.3 と HAL 200 6.0 につきましては、後群レンズがカメラ内部と干渉してしまい取付けができませんのでご注意ください。

Entaniya Fisheye HAL 220 PLを使用した場合、わずかに四隅がケラレますがセンサーのほとんどをカバーして水平200度近い超広角映像になります。

Phantomのハイスピードカメラに関するお問い合わせ

Phantomのハイスピードカメラに関するお問い合わせは日本総代理店である株式会社ノビテック社までお願いいたします。

FT-ONE/FOR.A(株式会社朋栄)

日本の映像機器メーカーである株式会社朋栄社のハイスピードカメラFT-ONEでの取付けテストもドイツの機材取り扱い会社tectum社の協力のもと行いました。

FT-ONEは4Kで860fpsでの撮影が可能なカメラでPLマウントに対応しています。

センサーサイズはスーパー35相当で220度超広角魚眼レンズのEntaniya Fisheye HAL 220 PLを使用するとイメージサークルはセンサー全てをカバーして対角で約210度程度の超広角ハイスピード映像が得られます。

ハイスピード映像サンプル

撮影:Tectum (Berlin)