超広角魚眼レンズと高解像度映像からのクロッピングワークによる映像表現の紹介です。

サンプル映像

まずは上記の映像を観てください。上記の映像は一見普通の動画に見えますが、実は普通の動画とは全く違った方法で撮影されています。

超広角魚眼レンズと8Kカメラを組合わせた一台のカメラで撮影された動画を編集して4Kで書き出した映像です。

オリジナル映像

オリジナルの映像は上記のような円周魚眼レンズで撮影されています。
この魚眼レンズで撮影された動画から映像をクロッピングして編集したのが冒頭の映像になります。

映像が高解像度化するとともに、一度に広い範囲を撮影できる魚眼レンズは従来までの用途とはまったく違った用途で活用されるようになっています。

その中でも代表的な魚眼レンズの活用方法として高解像度カメラと組み合わせたクロッピングワーク (FISH and CROP)について解説しています。

高解像度映像とクロッピングワーク

撮影機材の高解像度化

撮影機材の高解像度化

映像撮影機材が進歩していく中で、カメラはより高性能化しています。その中でも大きな進化を遂げているのが解像度です。

HD(1280×720)の時代からFHD(1920×1080)の時代で本格的な高解像度映像が始まり、2016年頃には4K(3840×2160)で撮影できるカメラが標準的になりました。

そして2019年10月現在では6Kや8Kで撮影できるビデオカメラやシネマカメラが次々と発表になり、映像撮影機材は一気に高解像度化が進んでいます。

6K以上で撮影できるカメラ機材 2019年10月現在

● RED DSMC2 MONSTRO 8K / RED RANGER MONSTRO 8K
● RED DSMC2 HELIUM 8K / RED RANGER HELIUM 8K
● SONY CineAlta VENICE 6K
● Panasonic LUMIX S1H 6K
● Blackmagicdesign Pocket Cinema Camera 6K
● Canon EOS C700 FF 5.9K
● Canon EOS C500 MArk2 5.9K
● SHARP 8C-B60A 8K
● Astrodesign AB-4815 8K
● Kinefinity MAVO LF 6K
● Kinefinity MAVO 6K
● Z CAM E2-S6 6K
● Z CAM E2-F6 6K
● Z CAM E2-F8 8K

モニターサイズと解像度の問題

映像の解像度が上がれば今まで見えなかったものがより精細に記録できるようになります。しかし高解像度映像を観るためには、解像度に応じたサイズのモニターが必要になってきます。

例えばスマートフォンのサイズで4K映像が観られたとしても、モニターサイズが小さければ高解像度表示されても見づらくなるだけで、高解像度である必要性がなくなるのです。

そんなわけで映像が高解像度化するとともにテレビなどのモニターサイズはどんどん大きくなり、FHD用のTVモニターサイズは32〜40型くらいが標準的なサイズになっています。現在主流になりつつある4K対応テレビの場合は49〜60型くらいが標準的なサイズかと思います。

一般的なモニターサイズは4K止まり

このまま映像の高解像度化が進んで、やがて8K映像が標準的になったとすると、モニターサイズは70〜100型くらいが適当な大きさになるだろうと思われます。実際に現在発売されている8Kテレビのモニターサイズは下記のような感じです。

● SHARP AQUOS 8K 60型 / 70型 / 80型
● LG OLED88Z9PJA 88型

高解像度化は素晴らしいのですが、問題はサイズです。4Kテレビまでは一般家庭に置けるようなサイズでしたが、8Kテレビは一般家庭に置くにはかなり大きなサイズになってしまうのです。

もちろん展示場やオフィスなどの特定の用途では8Kモニターは必要な場所があるでしょうし、映像コンテンツ自体も8Kが必要な場面も沢山あるとは思いますが、一般家庭に置くことのできるテレビのサイズは49型くらいまでが限界だと思います。

つまり、49〜60型以上のTVモニターが普及しない場合、6Kや8Kなどの高解像度映像の用途は限定的なものになり、一般的には縁の無い無用の長物となってしまいそうな気もします。

しかしそれはあくまで6Kや8Kで撮影した映像をそのままのサイズで表示させようとした場合の話で、高解像度映像のメリットは精細な映像を大画面でも映し出せること以外にもあるのです。

高解像度映像のメリットはクロッピングワークとリサイズ時のシャープネス

世の中的に最も必要とされる映像の解像度は4Kになるものと思われます。なのでそれ以上の高解像度な映像がそのまま使われる場面は限定的であり、その多くは一部を切り出してクロッピングされるか、適当なサイズまでリサイズされて使用されることになります。

実は高解像度映像の最大のメリットはこのクロッピングワークとリサイズ時におけるシャープネスにあると思われます。

この点については8KシネマカメラのパイオニアでもあるRED Digital Cinemaでも言及されていて高解像度映像のクロッピングワークを駆使したサンプル映像も公開されています。

8K映像からの4K映像のクロッピング

上記の映像は8Kで撮影したオリジナル映像を4Kでクロッピングして編集するという方法を紹介しています。

魚眼レンズで撮影した高解像度映像からの切り出し (FISH and CROP)

広角レンズと高解像度映像

魚眼映像からの切り出し(FISH and CROP)

高解像度映像から一部を切り出すクロッピングが実用的になる

カメラが高解像度で撮影できるようになると魚眼レンズが活用される場面が増えてきます。一度の撮影でなるべく広範囲を撮影できる魚眼レンズを使用すればクロップワーク(FISH and CROP)で後から様々な映像を切り出すことができるからです。

今まではカメラで撮影できる解像度=モニターで表示する解像度だったため、映像の一部をクロップしてモニターに表示してしまうと解像度不足になっていたのです。そのため、従来までの映像解像度では魚眼映像からの切り出し(FISH and CROP)は画像が劣化するため実現が不可能とされていた方法でした。

しかしカメラの高解像度化により、カメラで撮影できる解像度の方がモニターで表示する解像度を上回ってきたので、今まで不可能とされていた一つの映像から複数の映像の切り出しが可能になったのです。

従来までの常識を覆す映像表現が可能になる

円周魚眼レンズで撮影した映像から一部をクロッピングする方法では、一台のカメラで多方向の視野の映像を切り出すことができるようになります。

この方法であれば、今までの撮影方法では難しかった状況でも撮影が可能になるなど、映像表現の幅や撮影効率の向上などが期待できるようになります。

例えば、通常のレンズでは撮り逃してしまうような決定的瞬間もカメラワーク無しで確実に捉えることができるのです。

魚眼レンズならではの手法

広角レンズでも広範囲が撮影できるため高解像度映像から一部を切り出す(FISH and CROP)が出来そうに思いますが、レンズ側で歪みを補正している広角レンズで撮影できる映像は周辺のパースがきつくなり画像の歪みが大き過ぎるため中央部分でないとクロッピングして使用することができません。

レンズの歪みを残した魚眼レンズで得られる広角なイメージと高解像度カメラの組み合わせで実現できるクロッピングワーク(FISH and CROP)は魚眼レンズだからこそできるのです。

今まで使用用途が限定されてきた魚眼レンズですが、映像機材の高解像度化とともに、新しい手法や技術が登場し、広角で高品質な魚眼レンズの需要が日々高まっているという状況です。

超広角な魚眼レンズと高解像度カメラの組み合わせは、これからの高解像度時代に最も注目すべき映像機材と言えるでしょう。

FISH and CROPのポイント

解像度

解像度

映像から一部をクロッピングするため、クロップされた映像の解像度はオリジナル映像と比べて小さくなります。クロッピングするサイズは1/4以上のを目安にすることで8K → 4K、4K → FHDの大きさの映像として使用できるサイズになります。

魚眼レンズの歪みの補正方法

魚眼レンズで撮影された映像は、魚眼レンズ独特の樽型の歪みがあるので、魚眼映像をそのままクロッピングして使用できるわけではありません。

魚眼レンズの歪みを補正する方法はいくつかありますが、ここではRE:Lensと呼ばれる映像ソフト用のプラグインを使用して歪みを補正する方法を紹介しておきます。

RE:Lens Superfishe

AdobeのPremireやAfterEffects、DaVinch Resolveなどの映像編集ソフトで使用できるプラグインであるRE:Lensの中にあるSuperfishプラグインを使用して魚眼レンズの歪みを補正します。

RE:LensのSuperfishプラグインは、球形の映像ををLatitude と Longitudeに展開したLatLongと呼ばれる図式に展開することで魚眼レンズの歪みを補正することができます。

上記の解説動画を確認していただくと理解しやすいと思いますがRE:LensのSuperfishを適用すると、歪んだ円周魚眼映像が、広角レンズで撮影したような歪みのない映像に変換されます。

詳しい手順については動画内の「字幕」で解説していますので、ここで使用方法についての解説は省略させていただきます。

この方法により、一つの映像からいくつもの視野の異なる映像を書き出すことができます。書き出した複数の映像を編集することで一台のカメラで撮影された映像から複数のカメラで撮影されたような映像を作りだすことができるのです。

使用したレンズ:Entaniya Fisheye HAL 220 PL (220度魚眼レンズ)
使用したプラグイン: RE:Lens