シングルボードコンピュータ

RaspberryPi HQ カメラ魚眼レンズアダプター EFM12

シングルボードコンピュータ

RaspberryPi HQ カメラ魚眼レンズアダプター EFM12

RaspberryPi HQカメラを魚眼カメラにするアダプター

RaspberryPi HQカメラを魚眼カメラにするアダプター

RaspberryPi HQカメラにを魚眼レンズ(Entaniya Fisheye M12シリーズ 220°/250°/280°)を取り付ける専用キットです。

超広角魚眼レンズのEntaniya Fisheye M12シリーズを取り付けることにより、RaspberryPi HQ カメラで超広角な魚眼イメージの撮影が可能になります。

魚眼レンズで撮影するメリット

魚眼レンズで撮影するメリッ

少ないカメラで広範囲を撮影

魚眼レンズを使用したカメラであれば、一台のカメラで広角に撮影ができるので、少ないカメラの台数で広い範囲の撮影ができます。

使用するカメラの台数が少なくなれば、システムの簡素化、故障などのトラブルの減少、コストの削減などに繋がります。

複数のカメラを設置できない狭いスペースなどでは、特に有効に活用できます。

広角な視野を活かして、管検査やセキュリティーカメラ、地形調査、動線調査、雲量調査、車載カメラ、ドローン、ロボットなど、多様な分野で魚眼レンズが使用されています。

 

超広角魚眼レンズ Entaniya Fisheye M12 シリーズ

超広角魚眼レンズ Entaniya Fisheye M12 シリーズ

Entaniya Fisheye M12 シリーズは、元々は360度VRカメラ用に開発されたレンズで、シャープなイメージと収差の少ない高品質なレンズとして高い評価を得ています。

 

Entaniya Fisheye M12 シリーズの画角

 

Entaniya Fisheye M12 シリーズには、M12 220、M12 250、M12 280の3種類のレンズがあり、RaspberryPi HQカメラで使用した場合、上記のようなイメージで撮影されます。

 

撮影イメージ

Entaniya Fisheye M12 220(視野角220度)

220度の超広角魚眼レンズ。
ほとんど完璧な等距離射影に近い射影方式で設計されています。
1/2.3”センサーのカメラで撮影した場合、上下視野は約195度程度です。
 

 


 

Entaniya Fisheye M12 250(視野角250度)

M12 220よりも更に広角な250度の魚眼レンズ。
1/2.3”センサーのカメラで撮影した場合、上下視野は約195度程度です。
 

 

  

Entaniya Fisheye M12 280(視野角280度)

世界最広角(※弊社調べ)を誇る280度の魚眼レンズ。
このレンズ一つで、周囲のほとんどを撮影できてしまう究極の広角レンズです。
1/2.3”センサーのカメラで撮影した場合、円周のイメージが得られます。


 

 

製品詳細

Entaniya Fisheye M12レンズ対応キット

RaspberryPi HQカメラに、Entaniya Fisheye M12シリーズを取り付けられるようにするキットです。

品番:RP-HQ-EFM12-KIT
価格:
レンズ無し 9,790円(税抜価格8,900円)
レンズ有り
M12 220 44,900円(税抜価格40,900円)
M12 250 70,290円(税抜価格63,900円)
M12 280 106,590円(税抜価格96,900円)

備考:
※ Entaniya Fisheye M12シリーズ専用のマウントアダプターです。
※ カメラのカスタマイズはご自身で行ってください。
※ 「レンズ無し」はパーツのみの販売です。RaspberryPi Camera HQとレンズは別途お買い求めください。
※ 「レンズ有り」はパーツとレンズの販売です。RaspberryPi Camera HQは別途お買い求めください。

 

 

組み立て済カメラモジュール

Entaniya Fisheye M12レンズ対応キットをRaspberryPi HQカメラに組み込んだ製品です。
製品到着後すぐにご利用いただけます。

品番:RP-HQ-EFM12
価格:
レンズ無し 20,790円(税抜価格18,900円)
レンズ有り
M12 220 55,990円(税抜価格50,900円)
M12 250 81,290円(税抜価格73,900円)
M12 280 117,590円(税抜価格106,900円)

備考:
※ Entaniya Fisheye M12シリーズ専用のマウンドアダプターです。
※ RaspberryPi HQカメラオリジナルマウントアダプター、ケーブルなどは同梱されます。
※ 「レンズ無し」はレンズが付属しておりません。レンズを別途お買い求めください。
 

 

NoIR版について

カメラのマウントホルダーに取り付けられているフィルターを取り外し、IRカットフィルター無しのレンズを使用することで赤外線を利用した撮影ができるようになります。

ただし、カメラから出力される映像は「フィルター有り」を基本とした映像を基に調整されていることから、上記のサンプルのようなコントラストの高い映像になります。

IRカットフィルター無しの「NoIR板」をお求めいただく際は、上記をご了承の上、ご注文ください。

  

組み立て方法

 

簡単に取付できます

RaspberryPi HQカメラのマウントアダプターを交換する必要がありますが、簡単に交換がおこなえます。

HQカメラオリジナルのマウントアダプターに戻すことで、元のカメラとしても使用することができます。

 

RaspberryPi HQ Cameraを準備します。
カメラ裏側のネジを2本外します。
カメラからマウントアダプターが取り外せました。
マウントアダプターに接着されたフィルタを取り外します。指で上から押し込めば外れます。
フィルタがマウントアダプターから取り外せました。
取り外したフィルタをEntaniya マウントアダプターに取り付けます。
フィルターは必要に応じて接着するなどしてください。

フィルターの固定について

そのままではフィルターは固定されていないので、振動のある場所などで使用する場合はフィルターが動き、センサーのガラスを傷つける可能性があります。
ご使用の際には、フィルターをマウントアダプターに接着して固定することを推奨いたします。
フィルターの接着の際には爪楊枝などの先に接着剤を少量取ってから接着してください。付けすぎないように注意していください。


Entaniya マウントアダプターにカメラ基盤を取り付けます。
2本のネジを締めてマウントアダプターを固定します。

お問い合わせ

数量割引について

法人のお客様に向けた数量割引サービスを行っております。まとまった数量での購入をご検討の際は、下記お問い合わせフォームにて事前にお問い合わせください。
※割引の内容は商品の種類、販売価格、数量、購入時期等によって異なりますので予めご了承ください。

TOP